天気予報を見る
 
新聞購読申込

NBAに最も近い日本人−高松に中川が新加入

2007/02/02 09:58

公開練習で鋭いドリブルを見せる中川(左)=高松市牟礼総合体育館
公開練習で鋭いドリブルを見せる中川(左)=高松市牟礼総合体育館

 bjリーグの高松ファイブアローズに入団が決まったポイントガードの中川和之が1日、香川県高松市の牟礼総合体育館で公開練習を行った。「最もNBAに近い場所にいる日本人選手」(青木ヘッドコーチ)らしく、鋭いボールさばきや正確なパスワークなどを披露。会見に臨んだ中川は「この時期に呼んでもらえる意味を理解し、優勝目指して全力でプレーする」と力強く抱負を語った。

 中川は2004年から、米独立リーグのABA(アメリカン協会)で活躍。06年には日本人で初めてオールスターに出場した実績を誇る。ロングビーチ・ジャム時代には、田臥勇太と一緒にプレーした経験もあるが、青木コーチは「田臥より能力は上」と高く評価。「喜多とはタイプの違うポイントガード。新たな戦術をみせることができる」と活躍を期待した。

 中川はチームに合流して4日目だが、外国人選手との会話もスムーズで、徐々に連係も板に付いてきた。3日の東京アパッチ戦から出場する予定で「アグレッシブにゴールを狙いたい」と意気込んだ。高松との契約は今季終了まで。来季は未定で「外国人選手の多いこのリーグできっかけをつかみ、NBAを目指したい」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.