「やってみるべきだなと思った」/阪神新監督就任の矢野2軍監督

2018/10/15 16:54

 

 プロ野球阪神の次期監督就任を受諾し、取材に応じる矢野燿大2軍監督=15日午後、兵庫県西宮市の球団事務所

 プロ野球阪神の次期監督就任を受諾し、取材に応じる矢野燿大2軍監督=15日午後、兵庫県西宮市の球団事務所

 プロ野球阪神の新監督に今季2軍監督を務めた矢野燿大氏(49)の就任が15日、発表された。兵庫県西宮市の球団事務所で取材に応じ「逃げてやらない後悔より、やってみるべきだなと思った」と就任要請を受諾した理由を語った。

 現役時に阪神の2度の優勝に貢献した元正捕手が、17年ぶりの最下位に沈んだチームの再建に挑む。11日に金本知憲監督(50)が引責辞任を表明してからわずか4日後のスピード決着となった。

 矢野氏は秋季教育リーグで遠征していた宮崎市内の宿舎で13日、揚塩健治球団社長から就任を要請された。「このタイミングでというのはすごく悩む材料となった」と話した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459