西武の秋山、2億2千万円で更改/首位打者と最多安打

2017/12/08 16:28

 

 契約更改交渉を終え、記者会見する西武の秋山翔吾外野手=8日、埼玉県所沢市のメットライフドーム

 契約更改交渉を終え、記者会見する西武の秋山翔吾外野手=8日、埼玉県所沢市のメットライフドーム

 今季、初の首位打者と2度目の最多安打に輝いた西武の秋山翔吾外野手が8日、メットライフドームで契約交渉を行い、2千万円増の年俸2億2千万円プラス出来高払いで更改。3年契約の1年目だった今季は185安打を放って打率3割2分2厘、ともに自己最多の25本塁打、89打点で「苦しい時期もあったけど、ある程度の成績を残せたのはこれからの糧になる」とうなずいた。

 来季の目標に「200という数字をもう一回やりたい」とシーズン216安打のプロ野球記録を打ち立てた2015年以来2度目のシーズン200安打を掲げ「けがなくフルイニング出るのも目標」と力強く語った。(金額は推定)

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459