巨人、韓国サムスン戦は散々/投打に収穫なし

2017/02/18 19:32

 

 韓国プロ野球のサムスンとの練習試合で、さえない表情を見せる巨人・高橋監督(左)=那覇

 韓国プロ野球のサムスンとの練習試合で、さえない表情を見せる巨人・高橋監督(左)=那覇

 巨人初の対外試合となった韓国プロ野球・サムスンとの練習試合は散々な内容だった。投手陣が打ち込まれ、打線も凡打の山を築いた。高橋監督は「良かったと思えるものがほとんどなかった」とおかんむりだった。

 昨季10勝を挙げた田口は3回3失点。12日に2失点した紅白戦に続いて打ち込まれた。スライダーの制球が悪く、困って投げた直球を痛打され、田口は「反省点は挙げ切れないくらいある。取り組むことを明確にしてやっていかないと」と悩ましげな表情だった。(那覇)

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459