野球規則、投手交代時の解釈変更/国際基準に合わせ

2015/01/08 19:43

 

 プロ、アマ合同の日本野球規則委員会は8日、公認野球規則の解釈変更や一部改正を発表し、投手交代時に監督、コーチが投手と話をした場合の扱いを米大リーグなどの国際基準に合わせて変更した。

 プロリーグでは監督、コーチが1イニング中に同一投手のもとに2度行った場合はその投手は交代しなければならない。これまで日本のプロ野球では、交代した投手が投球練習開始後に監督、コーチがマウンドに残って話しても1度と数えていなかったがカウントすることになった。回の初めの交代に監督、コーチが同行した場合も1度と数える。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459