ヤ0―2巨(30日)/巨人が接戦制す

2013/06/30 17:34

 

 6回途中までを無失点で、6勝目を挙げた巨人・杉内=静岡

 6回途中までを無失点で、6勝目を挙げた巨人・杉内=静岡

 巨人が接戦を制した。五回無死三塁で寺内の適時打で先制。1死後に谷の今季初打点となる適時打で2―0とした。杉内は六回途中から救援を仰いだが、救援陣が無失点でつないだ。ヤクルトの石川は6回2失点で6敗目を喫した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459