ヤクルト館山が今季絶望/右肘靱帯再断裂で手術へ

2013/04/07 14:31

 

 右肘手術の報告をするヤクルト・館山=7日、神宮

 右肘手術の報告をするヤクルト・館山=7日、神宮

 ヤクルトは7日、右肘痛で出場選手登録を外れている館山昌平投手が12日に右肘靱帯の再建手術を受けることになったと発表した。全治には1年が掛かるとされ、今季中の復帰は絶望となった。

 今季、自身初となる開幕投手を務めたが、5日のDeNA戦(神宮)で右肘の違和感を訴えて降板。6日に検査を受けた結果、2004年に再建手術を受けた靱帯が断裂していたことが分かった。

 再断裂の可能性は覚悟していたという館山は「ここまでよく(肘が)持った。優勝する力になれるよう、監督の駒として働きたいと思っていたので残念だが、試合中に切れたので悔いはない」と淡々と話した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459