天気予報を見る
 
新聞購読申込

西武の内海、最多の110球/巨人前監督見守る前で

2019/02/06 20:28


 ブルペンで投球練習する西武・内海=日南・南郷

 巨人から移籍した西武の内海が、巨人前監督で評論家の高橋由伸氏の見守る前で今キャンプ最多の110球を投げ込んだ。ただ内容は不満だったようで「来るのは知っていたので、何とか(いい投球を)見せたいと力みがあった」と苦笑いした。

 高橋氏は「ユニホームは意外と似合っている」と印象を語り、投球には「環境が変わって疲れが出ているのか、気持ちと体が合っていない感じ。まだ2月上旬なので、これから上げていってくれれば」と思いやった。(日南市)

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.