天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

元広島監督の三村氏が死去/61歳、現楽天編成部長

2009/11/03 20:23


 死去した三村敏之氏(元広島監督、楽天編成部長)

 プロ野球広島で活躍、監督も務め、現在は楽天編成部長の三村敏之(みむら・としゆき)氏が3日午前10時5分、心不全のため仙台市内の病院で死去した。61歳。広島県出身。告別式は7日午後0時半から広島市安佐南区長束2の4の9、サンセルモ玉泉院長束会館で。喪主は妻洋子(ようこ)さん。

 1967年に広島商高から広島に入団。堅守としぶとい打撃で遊撃のベストナインに3度選出され、75年のリーグ初優勝に貢献した。17年の現役生活で通算1567試合に出場し打率2割5分5厘、149本塁打。引退後は広島でコーチ、2軍監督を歴任。94年から5年間、1軍監督として指揮を執り、現阪神の金本知憲外野手らを育てた。

 2007年12月から楽天の編成部長を務めていたが、今年は肝臓の手術をして療養するなど、体調はすぐれなかった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.