天気予報を見る
 
新聞購読申込

「米国で価値得る機会なかった」/19歳右腕合意に代理人ボラス氏

2019/05/24 08:44


 カーター・スチュワート投手(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】米大リーグのドラフト会議(6月)の上位指名候補ながらプロ野球ソフトバンクと6年総額700万ドル(約7億7千万円)での契約合意が報じられた19歳の右腕、カーター・スチュワート投手の代理人を務めるスコット・ボラス氏が23日、USAトゥデー紙(電子版)に「米国のシステムでは本当の価値を得る機会がなかった」と語った。

 同投手は昨年、ドラフト1巡目で指名されたブレーブスに、身体検査で見つかった手首の問題のため契約金を減額され、入団に至らなかった。

 米国のアマチュアの有力選手が直接日本でプレーするのは極めて異例。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.