天気予報を見る
 
新聞購読申込

NPB、塁審の判定で中日に回答/当該プレーへの確認遅れ認める

2019/04/22 20:55

 中日は21日のヤクルト6回戦(ナゴヤドーム)で塁審がプレーを見ずに判定したとして提出した意見書に、日本野球機構(NPB)から回答があったと22日、発表した。

 加藤宏幸球団代表は球団を通じて「当該の二塁塁審が、打球判定の確認で他塁審とアイコンタクトしているうちに、当該プレーへの確認が遅れてしまったことをNPBも認める回答を受け取った」とコメントした。

 中日は五回1死二塁の守りで、打者を二飛に打ち取り、離塁した二塁走者を見て二塁に送球。判定はセーフだったが、リプレー検証で覆った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.