天気予報を見る
 
新聞購読申込

難病支援「矢野基金」に感謝状/患者や社会福祉協議会から

2019/03/15 17:26


 筋ジストロフィーの患者(左)から感謝状を受け取った阪神の矢野監督=15日、甲子園

 阪神の矢野監督が選手時代の2010年から続けている、難病の筋ジストロフィーの患者や児童養護施設への支援活動に対し、患者や社会福祉協議会から感謝状の贈呈式が15日、甲子園球場で行われた。

 現役時代の背番号にちなんで名付けられた「39矢野基金」の支援金総額が3900万円に到達した節目の贈呈式。支援金で車いすを購入した高校生から感謝の手紙も受け取った。矢野監督は「僕らも応援してもらって成り立っている仕事。困っている方がまだまだおられる。ちょっとでも力になれたら」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.