天気予報を見る
 
新聞購読申込

阪神、江越と木浪が快打/野手陣の底上げ進む

2019/02/21 18:45


 広島との練習試合で本塁打を放ち、迎えられる阪神・江越(左)=宜野座

 阪神は野手陣の底上げが着々と進んでいる。広島との練習試合で、1軍定着を目指す5年目外野手の江越が一発を含む2安打。本塁打は岡田の146キロを弾丸ライナーで右越えに運び「感触は良かった。練習から力まずに打てるように意識している」と自信を深めた。

 ドラフト3位新人の木浪(ホンダ)は九里の速球を捉えた2点タイムリーなど複数安打。実戦で5試合連続安打と快打を重ね、内野の争いに食い込んでいる。「プロでは甘い球は来ない。その中で一球に集中している」と手応えを口にした。

 22日は練習休み。(宜野座)

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.