天気予報を見る
 
新聞購読申込

阪神・ガルシアが初の打撃投手/「思ったより良かった」

2019/02/19 18:27


 打撃投手を務める阪神・ガルシア=宜野座

 阪神の新戦力、ガルシアが初めてフリー打撃に登板した。植田と売り出し中のルーキー木浪(ホンダ)を相手に27球を投げ、安打性の当たりはわずか1本。昨季に中日で13勝をマークした実力の一端を示し「思ったより良かった。全ての球種を投げて、全部いい感じだった」と笑みを浮かべた。

 打撃投手を務めた後にはブルペンで40球を投げ込み「2月中にゲームで投げると思う。どの球種も精度を上げていきたい」。意欲的な姿勢のサウスポーと握手を交わした矢野監督も「打球が全然上がっていないもんね。頼もしい。(勝ち星などを)計算しやすい」と頬を緩めた。(宜野座)

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.