天気予報を見る
 
新聞購読申込

阪神の原口選手が大腸がん/人間ドックで判明、手術へ

2019/01/24 18:09


 阪神の原口文仁選手

 プロ野球阪神は24日、原口文仁選手(26)が大腸がんと診断され、近日中に手術を受けることを明らかにした。昨年末に受けた人間ドックで判明したという。原口選手は球団を通じ「病名を聞いたときはさすがに驚き、動揺したのも事実。同じがん患者の方々、ご家族にとって少しでも夢や希望となれるよう、精いっぱい治療に励みたい」とコメントした。

 原口選手は東京・帝京高からドラフト6位で2010年に阪神入団。勝負強い打撃が持ち味の捕手で、昨季は代打で23安打を放ち、08年に桧山進次郎がマークした代打のシーズン最多安打の球団記録に並んだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.