天気予報を見る
 
新聞購読申込

楽天、タワー型観戦スタンド登場/球団創設15年目で球場改修

2019/01/22 17:31


 「イーグルスタワー」の完成イメージ図

 楽天は22日、球団創設15年目の2019年のシーズンに向け、本拠地の楽天生命パーク宮城の改修計画を発表した。内野一塁側の後方に4階建てのタワー型観戦スタンド「イーグルスタワー」を新設し、団体客の取り込みを狙う。

 イーグルスタワーは5月に完成予定。高さ25メートルで103人が収容できる。1〜3階はワンフロア貸し切りで販売、4階はスタンド席で一部は個別で購入もできる。

 一塁側のファウルゾーンにせり出した「フィールドシート」に、楽天勝利時にフィールドに入って選手とハイタッチができる「ヴィクトリーシート」を設置。内野グラウンドのファウルエリアの天然芝化も行う。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.