天気予報を見る
 
新聞購読申込

楽天球団の経済効果217億円/成績不振で観客数伸び悩み

2019/01/18 18:04

 宮城県は18日、プロ野球パ・リーグで最下位に沈んだ東北楽天ゴールデンイーグルスが2018年シーズンに県内に及ぼした経済効果は、約217億円だったとの試算結果を発表した。レギュラーシーズンでは過去最高だった前年に比べ8億円減少した。

 県によると、試算対象とした、本拠地の楽天生命パーク宮城(仙台市)での1軍の試合数は前年比3増の69試合だったが、観客数は1万1362人減の165万8347人にとどまった。1人当たりの消費額は135円増の7378円だった。

 県担当課は、成績不振で観客数が伸び悩んだと分析している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.