天気予報を見る
 
新聞購読申込

プロ野球、小松市でファンと交流/ドームに1万2千人

2018/12/09 15:36


 バット削り体験でファンと交流する楽天の島内外野手(右から2人目)=9日、石川県小松市のこまつドーム

 日本プロ野球選手会は9日、ファンとの交流イベント「ベースボール・クリスマス」を石川県小松市のこまつドームで開催し、石川県出身の角中勝也外野手(ロッテ)、京田陽太内野手(中日)、島内宏明外野手(楽天)ら12球団の計28選手が約1万2千人のファンとキャッチボールやトークショー、玉入れ競争などで触れ合った。

 2007年に始まったイベントは12回目。外にみぞれが降る中、ドーム内は熱気に包まれた。トークショーを盛り上げた角中は「こちらが元気をもらった」と明るい表情。島内はバット削り体験などで交流し「来年も頑張らないといけないなという気持ちになった」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.