天気予報を見る
 
新聞購読申込

札幌ドームで地震後初試合/日ハム「復興へプレーボール」

2018/09/14 19:23


 北海道で発生した地震の募金活動をする(右から)日本ハムの栗山監督、オリックスの福良監督ら=14日、札幌ドーム

 プロ野球日本ハムは14日、北海道で震度7を観測した地震後初めての札幌ドームでの試合となるオリックス戦に臨んだ。試合開始前には黙とうし、大型ビジョンで日本ハム主将の中田翔内野手(29)が「微力ではありますが、今日を復興へのプレーボールとすることを誓います」と話したメッセージが流れると大きな拍手が起こった。

 試合前には栗山英樹監督(57)やオリックスの福良淳一監督(58)をはじめ両チームの選手らが参加して約10分間、募金活動を行った。オリックスの増井浩俊投手(34)は昨年まで日本ハムでプレーしており「元気を与えられるようにしたいし、力になれれば」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.