天気予報を見る
 
新聞購読申込

巨人・杉内投手が現役引退/通算142勝、05年MVP

2018/09/12 09:05


 2012年5月、楽天戦でノーヒットノーランを達成し、ガッツポーズして喜ぶ巨人の杉内俊哉投手

 プロ野球で通算142勝を挙げた巨人の杉内俊哉投手(37)が今季限りで現役を引退することが12日、関係者への取材で分かった。2015年に股関節の手術を受けた後、復帰を目指していたが左肩も痛め、最近3年間は1軍での登板がなかった。

 杉内投手は鹿児島実高から三菱重工長崎を経て2002年にダイエー(現ソフトバンク)に入団。05年に18勝で最多勝を獲得し、パ・リーグ最優秀選手(MVP)と沢村賞に輝いた。フリーエージェント(FA)で巨人へ移籍した12年には無安打無得点試合を達成し、移籍1年目から3年連続2桁勝利をマークして巨人のリーグ3連覇を支えた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.