天気予報を見る
 
新聞購読申込

榎田と岡本がトレード/阪神、西武が発表

2018/03/14 13:40


 阪神の榎田大樹投手、西武の岡本洋介投手

 阪神の榎田大樹投手(31)と西武の岡本洋介投手(32)のトレードが14日、両球団から発表された。先発陣を強化したい阪神と、手薄だった左の先発を求める西武の思惑が一致した。

 榎田は鹿児島県出身で、東京ガスからドラフト1位で阪神入りした2011年には62試合に登板した。ただ、昨季は3試合に投げただけで「現状はいまひとつ。活躍できるようにという気持ちはある」と決意を述べた。

 和歌山県出身の岡本はヤマハから10年にドラフト6位で西武入団。先発、中継ぎの両方をこなせ、昨季は自己最多の6勝をマーク。「引き続き自分の持てる力を発揮して頑張っていきたい」と意気込んだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.