天気予報を見る
 
新聞購読申込

日本ハム清宮は腹膜炎で入院/15日までは経過観察

2018/03/13 18:34

 日本ハムは13日、ドラフト1位新人の清宮幸太郎内野手(東京・早実高)が東京都内の病院で精密検査を受け、腹腔内の一部に炎症が見られる「限局性腹膜炎」と診断されたと発表した。15日までは入院し、点滴などを受けて経過を観察する。

 球団によると、清宮はここ数日間、腹部の鈍痛や倦怠感などを訴えており、遠征先の広島から12日夜にチームを離れて東京に入っていた。13日にマツダスタジアムで行われた広島とのオープン戦は欠場した。

 ここまでオープン戦は7試合に出場し、15打数無安打で8三振。キャンプ中の2月22日にも体調を崩し、急性胃腸炎と診断されていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.