天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

ヤクルト・秋吉、実戦意識し投球/「球の精度を上げたい」

2018/02/14 16:07


 ブルペンで投球練習をするヤクルト・秋吉=浦添

 ヤクルトの救援右腕、秋吉がブルペンに入り、実戦を意識した投球練習を行った。ストライクとボールの境目、高めのボールゾーンなど細かく狙いを指定しながらコースに投げ分け「もう実戦に入っているし、球の精度を上げたい」と話した。

 安定感や力強さを求め、食事やトレーニングで昨年に比べて5キロほど体重を増やしてキャンプインした。シーズンについて「60、70試合を投げられるようにしたい」と意欲的に語った。(浦添)

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.