天気予報を見る
 
新聞購読申込

元阪神マートン外野手が現役引退/セ記録の214安打

2018/01/13 17:22


 2010年10月の横浜戦でシーズン214安打目となる右中間二塁打を放つ阪神のマートン=横浜

 【ニューヨーク共同】阪神で活躍し、シーズン214安打のセ・リーグ記録を持つマット・マートン外野手(36)が現役を引退することが13日、分かった。昨季は米大リーグ、タイガースとマイナー契約を結んだが、4月に契約を解除された。「体はまだ動くし闘志もあるが、総合的に考えて次に進む時」と述べた。古巣カブスの競技運営部門補佐に就任する。

 阪神入りした2010年に214安打を放ち、1994年にイチロー(オリックス)がマークしたシーズン210安打のプロ野球記録を塗り替えた。2015年に秋山翔吾(西武)が216安打を放ち更新されたが、現在も右打者と外国人選手の最多記録。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.