天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

プロ野球・新人研修会に清宮ら/殿堂見て「いずれ自分も」

2018/01/11 18:23


 野球殿堂博物館で王貞治氏のバットなどの展示物を見学した日本ハムの清宮幸太郎内野手=11日、東京都文京区(代表撮影)

 プロ野球の新人研修会が11日、東京都内で行われ、日本ハムの清宮幸太郎内野手(東京・早実高)や広島の中村奨成捕手(広島・広陵高)ら新人選手が参加した。

 午前中に野球殿堂博物館を見学。清宮は通算868本塁打のプロ野球記録を持ち、早実高の先輩でもある王貞治氏のバットなどの展示物を見て回り「殿堂入りの方々を見て、歴史を感じた。いずれは自分もここに名前を連ねたい」と決意をにじませた。

 午後には講義を受け、野球賭博問題の実例を含め暴力団関係者が選手に近づく手口などが示された。「(誘いを)断る勇気というのが印象に残った」などと振り返った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.