天気予報を見る
 
新聞購読申込

巨人の長野は1億9千万円/前半不振で3500万円減

2017/12/21 20:08

 巨人の長野久義外野手が21日、東京都内の球団事務所で契約更改交渉を行い、3500万円減の年俸1億9千万円でサインした。今季は序盤の不振が響いて打率2割6分1厘、16本塁打、46打点に終わり「前半戦が悪すぎたので、春先からガンガン打てるようにしたい」と来季の奮起を誓った。

 中日から今季本塁打王のゲレーロ内野手が加入し、来季は外野手としてプレーする予定。競争が激しくなることを受け「(ゲレーロは)本塁打もたくさん打つし、負けないように頑張らないと」と意気込んだ。(金額は推定)

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.