天気予報を見る
 
新聞購読申込

ソフトB武田、減額の9千万円/松坂の背番号18で再起へ

2017/12/21 15:33


 契約更改交渉を終え、記者会見するソフトバンクの武田翔太投手=21日、ヤフオクドーム

 ソフトバンクの武田翔太投手が21日、福岡市のヤフオクドームで契約更改交渉に臨み、3千万円減の年俸9千万円でサインした。右肩の炎症で戦線を離れたこともあり、6勝止まり。投球回200イニングを目標に掲げる来季は、退団した松坂大輔投手の背番号「18」を継ぐことになり「結果を出して、日本一に貢献できるように頑張りたい」と再起を誓った。

 肩の故障は3月のワールド・ベースボール・クラシックに参加した影響だったという。更改後は、国際大会中にけがをした際の補償が不十分との持論を展開。選手会と日本野球機構(NPB)の間で制度を整備してほしいと訴えた。(金額は推定)

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.