天気予報を見る
 
新聞購読申込

台湾の審判員が初受講/アンパイア・スクール

2017/12/18 17:31


 「NPBアンパイア・スクール」に台湾プロ野球から初めて派遣された楊崇キさん(左から2人目)ら5人の審判員=18日、さいたま市

 日本野球機構(NPB)は18日、さいたま市のロッテ浦和球場で16日に始まった審判員養成のための「NPBアンパイア・スクール」を報道陣に公開した。2013年から始まり、今回初めて台湾プロ野球から派遣された審判員5人を含む63人が参加し、実技と座学で現役審判員の指導を受けた。

 台湾で15年のプロ経験のある楊崇キ審判員は、実戦形式の練習で塁審の位置取りを確認し「この環境なら成長できるし、新人なら基本から学べる。母国でもスクールをやれればいい」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.