天気予報を見る
 
新聞購読申込

阪神の能見は1千万円減で更改/西岡は1500万円減

2017/12/08 17:24


 契約更改交渉後に記者会見する阪神の能見=8日、兵庫県西宮市の球団事務所

 阪神の能見が8日、契約交渉に臨み、1千万円減の1億2千万円の単年契約で更改した。

 3年契約最終年の今季は先発ローテーションを守ったものの、23試合で6勝6敗。投球回も昨季より19イニング減らした。38歳左腕は投手陣最年長となる来季へ向け「まずはローテーションに入らないといけない。死に物狂いでやりたい」と覚悟を口にした。

 昨季負った左アキレス腱断裂の大けがから復帰を果たした西岡は1500万円減の年俸7500万円。「来年は最高のシーズンにしたい。楽しみにしている」と前向きに話した。(金額は推定)

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.