天気予報を見る
 
新聞購読申込

松井秀喜氏、野球殿堂入り候補に/日米同時に候補入り

2017/11/28 17:57


 2002年10月のヤクルト戦でシーズン50号本塁打を放つ巨人の松井=東京ドーム

 野球殿堂博物館は28日、来年の野球殿堂入りの候補者を発表し、選手としての貢献を表彰するプレーヤー表彰では、日米通算507本塁打の松井秀喜氏や1492試合連続フル出場の世界記録を持つ阪神の金本知憲監督、前日本代表監督の小久保裕紀氏ら6人が新たに加わった。松井氏は大リーグでも、来年の野球殿堂入り候補者33人の中に入っている。

 他には捕手として日米で活躍した城島健司氏、西武時代にシーズン55本塁打放ったカブレラ氏、通算2432安打のヤクルトの石井琢朗打撃コーチが入った。指導者としての実績も加味するエキスパート表彰では、柴田勲氏や松岡弘氏ら4人が候補に加わった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.