天気予報を見る
 
新聞購読申込

西武・辻監督が進塁打指導/自らバット手に説明

2017/02/17 17:11


 全体練習後、熊代(右)を指導する西武・辻監督=日南・南郷

 エンドラン主体のケース打撃を、バックネット裏から見つめていた西武・辻監督の表情が曇った。きっちりと進塁打を打てない打者が多く「全然成功しない」と苦笑いを浮かべる場面があった。

 全体練習後は熊代にトスを上げ、自らバットを手に熱心に指導。現役時代、巧みな右打ちが持ち味だった監督は「消極的になっている。差し込まれるとゴロは転がらない。泳ぐくらい、早めにタイミングをとらないといけない」と説明した。(日南)

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.