天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

広島の新井「心が洗われる」/毎年恒例の13年連続護摩行

2017/01/11 19:17


 鹿児島市の最福寺で護摩行を行う広島・新井=11日

 広島の新井貴浩内野手が11日、鹿児島市の最福寺で毎年恒例となる護摩行に臨んだ。天井に届くほどの炎に向かって約1時間半、経を唱え「ぐっと気持ちが入る。心が洗われる」と晴れやかに言った。

 今年で13年連続となり「われながら、よくこの苦しい行を続けているな」と苦笑い。それでも昨季は通算2千安打を達成し、リーグの最優秀選手にも輝くなど大活躍しただけに「これをやるのが心の支え。これだけ苦しいことをやっているので、少々のことじゃ負けない気持ちになれる」と言葉に実感を込めた。

 同僚の石原に加え、今回から会沢と堂林が初参加。後輩は「想像以上にきつかった」と口をそろえた。

関連記事

powered by weblio


同じジャンルの記事

ロード中 関連記事を取得中...
 

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.