天気予報を見る
 
新聞購読申込

松坂が7回1失点/ウインターL最後の登板

2016/12/29 11:25


 プエルトリコWLのカロリナで先発し、7回3安打1失点だった松坂=カロリナ(共同)

 【カロリナ(プエルトリコ)共同】右肩手術からの完全復活を目指すプロ野球ソフトバンクの松坂大輔投手は28日、米自治領プエルトリコのウインターリーグ、カロリナの一員として本拠地でのアグアディヤ戦に先発し、7回を3安打1失点、3三振2四球だった。勝ち負けは付かなかった。

 2―0の七回に適時打を浴びて1点差とされたが、味方の好守もあり、リードを守って降板。八回に救援陣が逆転を許した。

 松坂は同リーグで4試合に先発し、計20回を投げて0勝3敗、防御率2・70。今回が最後の登板だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.