天気予報を見る
 
新聞購読申込

ロッテ田中、初めてブルペンに/捕手立たせて25球

2015/01/18 16:22


 ブルペンで投球するロッテ・田中=さいたま市のロッテ浦和球場

 ロッテのドラフト2位ルーキー田中英祐投手(京大)が18日、さいたま市のロッテ浦和球場で行われている新人合同自主トレーニングで、初めてブルペンに入った。捕手を立たせたまま変化球も交えて25球を投じ「最初にしては良かった。後半はしっかり体も動いていた」と手応えを口にした。

 大学時代と比べ、ゆったりとしたフォームを意識しているといい「体が前に突っ込まないように、しっかり体重を乗せて投げるようにしている」と説明。球を受けたドラフト4位新人の寺嶋寛大捕手(創価大)は「腕が振れていて、いいボールだった」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.