天気予報を見る
 
新聞購読申込

巨人・杉内、14年目に向け順調/「いい準備できている」

2015/01/10 16:28


 練習を公開し、キャッチボールする巨人の杉内=鹿児島県薩摩川内市

 巨人の杉内俊哉投手が10日、鹿児島県薩摩川内市で練習を公開し、約70メートルの遠投を行うなど順調な調整ぶりを披露した。キャンプイン前にブルペンで投球する予定といい「肩の出来はいい。いい準備をして自主トレを迎えられた」と14年目のシーズンに向けて表情は明るかった。

 昨季は26試合で10勝(6敗)にとどまった。目標とする投球回数の増加の鍵を握るのは三振数とみている。「年々、三振の数が減っている。見つめ直してやっていきたい」と新球種の習得も視野に入れ、取り組んでいく。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.