天気予報を見る
 
新聞購読申込

ヤクルトの成瀬「テーマは対話」/連続開幕へ姿勢アピール

2015/01/08 17:53


 自主トレでキャッチボールするヤクルト・成瀬。左は石川=東京都新宿区

 ヤクルトの成瀬善久投手が8日、神宮球場の室内練習場で自主トレーニングを公開した。今季から同僚となる石川雅規、村中恭兵両投手らと時間をかけてジョギングやキャッチボールをこなし「テーマはコミュニケーション。僕がどういう人間か分かってほしくて」と説明した。

 昨季まで長年ロッテのエースを張った左腕は、若い投手陣のけん引役としても期待される。「一人の数字よりチームの勝利が大事。若い子のきっかけづくりもしたい」と態度で示す構えで、5年連続で務めている開幕投手も「シーズンまでの姿勢でアピールする」とした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.