天気予報を見る
 
新聞購読申込

平野佳、60試合へ抜き球が課題/自主トレを公開

2015/01/03 15:06


 自主トレーニングを公開し、雪だるまを前にポーズをとるオリックスの平野佳(左)と岸田=京都府久御山町

 昨季パ・リーグ新記録の40セーブでタイトルを獲得したオリックスの平野佳寿投手が3日、京都府久御山町のNTT淀総合運動場で岸田護投手とともに自主トレーニングを公開し「ことしもしっかり60試合投げられるようにしたい」と6年連続60試合以上の登板へ意気込んだ。

 元日から始動。この日はグラウンドが雪に覆われたため主に室内で汗を流した。「抜き球のカーブ、スライダーの精度を高めて直球とフォークが生きるようにしたい」と投球の幅を広げることを課題に挙げた。

 昨季55試合登板の岸田は「けがせず投げ続けたい。結果を出して優勝できたら最高」と10年目の今季の活躍に力を込めた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.