天気予報を見る
 
新聞購読申込

統一球問題、9月末までに報告書/第三者委が初会合

2013/06/28 19:55


 プロ野球の統一球問題で第三者委員会の初会合に出席し、記者会見する桑田真澄氏=28日午後、東京・内幸町のNPB事務局

 プロ野球の統一球を飛びやすく変更しながら公表していなかった問題を調査する第三者委員会は28日、東京都内で初会合を開き、約1時間の話し合いを終えた那須弘平委員長(71)が「報告書については、9月末をめどに提出するように努力をいたします」と今後の見通しを示した。

 第三者委は那須委員長と佐々木善三氏(60)、米正剛氏(58)の弁護士3人がメンバーで、元巨人の桑田真澄氏(45)が特別アドバイザーを務める。初会合の詳細や今後の日程、調査方法などは明らかにされなかったが、那須委員長は「皆さんに納得してもらえるものをつくろうと思っている」と意気込みを語った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.