天気予報を見る
 
新聞購読申込

剛速球投手・尾崎氏と最後の別れ/石毛氏らが故人しのぶ

2013/06/19 13:43

 プロ野球東映、日拓(現日本ハム)で剛速球投手として活躍し「怪童」の異名をとった尾崎行雄氏の葬儀・告別式が19日、東京都荒川区の町屋斎場で営まれた。13日に68歳で死去した豪腕との最後の別れに球界関係者ら約200人が参列した。

 プロ野球のOBがプレーしたマスターズリーグで一緒だったという石毛宏典氏らがしのんだ。石毛氏によると、斎場内には新人王や最多勝のトロフィーが飾られていた。「偉大な先輩。しがみつく生き方をしない方で最期も潔かったと思う」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.