天気予報を見る
 
新聞購読申込

日ハム大谷、18日広島戦に先発/セ本拠地で打席にも注目

2013/06/13 22:23

 投手と野手の「二刀流」に挑戦している日本ハムの大谷翔平投手の次回登板が18日の広島戦(マツダスタジアム)に決まった。栗山英樹監督が13日の阪神戦後に「18日にいってもらう。何も(故障などが)起こらなければ」と明言した。

 過去2度の1軍登板はどちらも指名打者制のある札幌ドームだった。セ・リーグの本拠地で先発すれば、初めて投手として投げながら打席にも立つことになる。栗山監督は「両方をいっぺんにやるゆとりはない」と基本的には下位打線に置く予定だが、先発が見込まれる広島の野村に対して「軌道が合うなら考える」と再考の余地も残した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.