天気予報を見る
 
新聞購読申込

交流戦、24試合制維持を再確認/パ・リーグが臨時理事会

2013/06/07 16:05

 パ・リーグは7日、東京都内で臨時理事会を開き、セ・リーグが提案している交流戦を18試合制に縮小する案を話し合い、あらためて現行の24試合制を維持する方針を確認した。セ側に文書で通知する。

 理事長を務めるオリックスの村山球団本部長は「セから18試合制が日程的にも合理的との文書が届いたので回答を送る。交流戦だけを議論するのではなく、シーズンを総合的に検討する形にしませんか、という意向を伝える」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.