天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 花だより記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

花だより

優しく咲く花キッコウハグマ

2018/11/19 19:12:29
優しく咲く花キッコウハグマ
かれんに咲くキッコウハグマ
 まんのう町七箇の県満濃池森林公園散策道で11月中旬、頭頂部に径1a弱の白くて細い花びらが集まっている小さな花に出合った。直立した茎の高さは5a足らずで、あまり目立たないが優しい花だ。

 花の名前は「キッコウハグマ(亀甲白熊)」といい、キク科モミジハグマ属の多年草。日本では北海道南部、本州、四国、九州に分布し、低山から山地の森林内のやや乾いた木陰に生育するとか。花は1輪のようだが三つの集合花になっている。

 名前の「キッコウ(亀の甲ら)」は、茎の下部に輪生して付く葉の形が亀の甲らに似ていることから。また「ハグマ(白熊)」とは、ヤク(インドや中国のウシ科ウシ属の動物)の尾毛で作った白い飾り物のことで、昔、武士が槍(やり)などに付けていたとか。これらが「キッコウハグマ」というネーミングの由来になったようだ。

 ともあれ、静かな山道で咲く白くて小さな花キッコウハグマは、道行く人たちの心を優しく包んでくれる花だと思った。(香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.