天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

池に映える「家路」の光景

2019/02/25 19:06:28
池に映える「家路」の光景
新池に集う鳥の群れ
 ♪森の梢(こずえ)暮れそめて 家路たどる鳥七つ…♪

 昔懐かしい唱歌「家路」を思わず口ずさませる美しい光景が、まんのう町七箇で時おり見受けられる。満濃池に隣接する新池の夕景である。

 まさに歌詞そのもの。静かに暮れ始めた池の面(も)に、「七つ」ではないが親、子、兄弟姉妹(?)など、十数羽が群れ集まって泳ぐ「家路をたどりつつある」かのような光景! 幾度か見るが、何度見ても飽きない。群れ泳ぐ十数羽の鳥の軌跡が描く波の形は、くしくも1羽の大きな鳥の姿にも似ていて驚かされた。

 いつ、どこで教えられ、口ずさむようになった歌「家路」なのかは忘れてしまったが、好きな歌の一つなので調べてみた。作曲はチェコの作曲家・ドボルザーク。日本の複数の作詞家が歌詞を付けたそうだ。そのため、冒頭の「鳥七つ」は、「鳥の群れ」とする歌詞もあるようだ。

 ともあれ、ここ新池で見た「♪…家路たどる鳥七つ…♪」の光景は素晴らしいものであった。(香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.