天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

かわいいキノコ キイボカサタケ

2018/07/18 10:34:27
かわいいキノコ キイボカサタケ
さわやかでかわいいキイボカサタケ
 まんのう町七箇の県満濃池森林公園散策道で7月上旬、傘の直径が2.5a、茎長3a足らずの小さくてかわいいキノコに出合った。薄黄色でさわやか、華奢(きゃしゃ)なキノコだ。

 元県森林センター所長でキノコアドバイザーの池田芳孝さん(高松市)によると、名前はキイボカサタケ(黄疣傘茸)とのこと。イッポンシメジ科イッポンシメジ属のキノコで、黄色または鮮黄色の繊細な印象のキノコである。傘は円錐状でフチが波状になり、中心に突起があることから名前に「イボ」が付いたとか。

 東アジアや北アメリカの雑木林に発生。毒の有無には諸説があり食毒不明のキノコの一つとされている。だが中毒症状の記録はあるようだ。胃腸系の中毒、脱水症、体温下降や血圧下降などの症状が現れることがあり、愛知の85歳女性の中毒死も報告されている。

 とはいえ暑い季節、なぜかさわやかでかわいいキノコだった。(香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.