天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

ボランティアの心 桜に託す

2018/05/14 19:03:21
ボランティアの心 桜に託す
植樹したシダレザクラの若木の前で記念撮影
 はるか昔より熱望されていた「夢のかけ橋」瀬戸大橋は、岡山・児島と香川・坂出間9.4`の本州四国連絡橋として、1988年に完成。日本の技術・知恵・努力の集大成の橋だ。

 当時、開通記念博覧会場で通訳として活躍した人たちのうち、有志が集まり、「瀬戸大橋ボランティアガイドクラブ」を結成した。その活動は友好親睦会、県内外の外国人を招いた日本文化紹介や伝承をはじめ、海外での学校建設への支援、県・市国際交流イベントへの協力、体験エピソードの編纂など、歩みの一つ一つが貴重な宝物となっている。

 架橋から約30年の月日は社会的、私的環境の変化を招き、会員の高齢化もあってクラブを解散するに当たり、メンバーは感謝をこめて昨年、瀬戸大橋記念公園内の芝生広場入り口に2本のシダレザクラの若木を植樹した。「人と人のかけ橋役でもある通訳ガイドクラブの心をこのシダレザクラに託す」としており、公園を訪れた人たちにも桜を楽しんでほしいと考えている。(斎木 秀子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.