天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

料理に挑戦、家事の大切さ学ぶ

2018/05/09 10:03:00
料理に挑戦、家事の大切さ学ぶ
料理づくりに挑戦、家事の大切さを実感する参加者
 東かがわ市男女共同参画会はこのほど、同市の引田公民館で「男性の料理教室」を開催。市内の長寿会、東かがわ署員、市職員や子どもら、年齢も職業も違う54人が参加して、楽しい時間を過ごした。

 この教室は、家事を家族が協力することの大切さを学ぶとともに、男性も料理作りの楽しさを学んでもらうことを目的としている。今回の献立はカレーライス、マカロニサラダ、さくら餅、デザートの4種類。藤井市長も毎年駆けつけており、出席者の多いのに驚いていた。

 まず班編成を行い、そこに男女共同参画会の役員も加わった。講師の安部直美先生から料理の方法の説明を受け、6班にわかれて料理にチャレンジ。ベテランも初めて参加した人も和気合あいと、手際よく献立ごとに料理を仕上げていった。盛り付けも班ごとにバラエティにとんだ工夫がなされていた。

 参加者は料理に舌鼓を打ちながら、一人ひとりが感想を述べ合った。「大変楽しかった。お肉を最後に入れるとこんなにまろやかでおいしいのを初めて知った」「桜餅がこんなに簡単に家でできるとは思わなかった。来年も是非、出席したい」「家でもチャレンジしたい」など、多くの意見が出された。

 食後には「男女共同参画ミニ講演会」を実施。同会が脚本を書き、絵を描いて仕上げた「DVの紙芝居」を上演。参加者から当日、配役を選んだのだが、アドリブの上手さに大きな拍手が沸き起こった。参加者は料理だけでなく、男女共同参画の課題も学び、有意義な料理教室となっていた。(永峰 絹江)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.