天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

落語と音楽で楽しいひと時 DCホール寄席

2018/01/25 17:10:39
落語と音楽で楽しいひと時 DCホール寄席
DCホール寄席のプログラム
 坂出市白金町の林内科DCホールでこのほど、「DCホール寄席」が開かれた。主催者は同院の林直樹院長で、9年前から年2回、情報発信と社会貢献を目的に「落語と音楽を通して楽しく明るい会にしたい」と始めた。

 来場者は100人を超す盛況ぶりで、桂こけ枝さんの上方落語「持参金」と、紫綬褒章を受章した柳家さん喬さんの古典落語「天狗捌き」「掛取萬歳」が披露された。表情豊かな師匠は、枕から本題、落ちへと進む楽しい噺に、会場は笑いに包まれた。

 中入り(休憩)後は林院長率いるユニット響の演奏があり、「北風小僧の寒太郎」をデュエットしたほか、3曲が演奏され、和みの時間となった。

 3時間半の寄席で来場者は心がふんわりと温かい気分になり、一足早く春の訪れを感じる喜びや、満足感も味わえた楽しい時間となったようだ。初めてDCホール寄席に来たという見附キヌさんは「面白かった。師匠は博識だなあと感心した」と話した。

 次回のDCホール寄席は4月22日。同ホールでは最後の開催で、今後は高松市内で上演している「ふれあい寄席」に一本化するという。興味のある人は一度鑑賞してみるのもいいのでは。(内田 尚子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.