天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

やはりいた、墓守のケロちゃん

2017/10/31 10:05:10
やはりいた、墓守のケロちゃん
しっかりと墓守を務めるケロちゃん
 9月中旬、お墓の掃除に行って偶然出合ったカエルのケロちゃん(9月20日付本欄に掲載)。花立てを囲む石筒の側面に掘られた径約1aの小さな穴から、ひょこんとのぞくアマガエルを発見した。

 「お墓はおいらの住み家だぜ、ケロケロ!」とでも言っているような風情で、逃げようともしなかった。なぜか親しみを覚えた私は、「また会えるかな? せいぜい会いに来なけりゃね」と、記事を締めくくっていた。その文章を書いた時も半信半疑、まさか再会できるとはさらさら思っていなかったっけ。

 ところが、ところがである。四十数日後の10月27日の昼下がり、ついにケロちゃんとの再会を果たしたのだ。

 降り続いた雨の後だった。「お花もずい分傷んでしまったねぇ」と、花立てを抜いてびっくり! ステンレス製の花立ての縁にあのケロちゃんが乗っかっていたのだ。特にあわてる様子もなく、じわっと横に動いたがすぐに静止した。目玉が妙に大きかった。

 やっぱり「ここはおいらの住み家だぜ、ケロケロ!」とでも言いながら、悠然とかまえているように見えた。枯れ始めた菊の花の横で「早く花を取り替えてケロ!」と、大きな目で怒られているようだった。墓守もしてくれていたのか、ありがとう!

 二度あることは三度あるとか。再び「また会えるかな?せいぜい会いに来なけりゃね」と、新しい花を入れてケロちゃんに別れを告げた。(香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.