天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

ダイダイイグチの幼菌に出合う

2017/08/30 17:15:47
ダイダイイグチの幼菌に出合う
カラフルなキノコ・ダイダイイグチ
 7月下旬、まんのう町七箇の県満濃池森林公園散策道でだいだい色のキノコ(?)に出合った。キノコアドバイザーの池田芳孝さんは、「ダイダイイグチの幼菌です。大きく(成菌に)なるとキノコの形になり、傷つくと濃い青に変色する。よく目立つキノコです」と教えてくれた。

 ダイダイイグチ(橙猪口)はイグチ科ヤマドリタケ属のキノコ。里山のシイやカシが入り混じった雑木林の中などに発生し、ひときわ目立つ存在とか。日本や朝鮮、中国(福建省)などに分布するそうだ。

 色は、だいだい色というよりはオレンジ色っぽい褐色で、キノコ全体が傷つくと瞬時に青く変色する性質を持っているとか。大きくなり傘が開くと、その直径は3〜7aになり、夏〜秋に見られるキノコという。

 同公園だけでも、赤、白、黄、紫、茶などカラフルなキノコが数々見られ、幼菌や成菌があって面白い。(香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.