天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

親子でチャレンジ 竹細工教室

2017/07/31 10:02:14
親子でチャレンジ 竹細工教室
親子でつくった水鉄砲や竹馬などで遊ぶ子どもたち
 7月29日、三豊市の山本町生涯学習センターで、NPO法人まちづくり推進隊(近藤雅春理事長)山本地域部会が主催する竹細工教室が開かれた。講師にむらの技能伝承士・福田廣幸さんを迎え、夏休みの子どもたちに「竹で遊ぼう」と呼びかけた。

 福田さんは小さい時から物作りが好きで、退職後は大きなたこ作りの作品展を開催したりと活躍している。この日は親子19人が参加。まちづくり推進隊のボランティア10人と一緒に、竹馬や水鉄砲、竹とんぼ作りにいそしんだ。

 材料は福田さんが準備し、子どもたちは、初めての竹細工に興味津々。福田さんは「作品を作る時は、木は根元から、竹は上から切って作る。竹の生えている所は地下水が出ことを知ってね」などと話され、いろいろな竹の種類を実際に持ってきて説明。子どもたちは、熱心に話に耳を傾けていた。

 親子で竹馬、水鉄砲などを完成させ、屋外の芝生の上で実際に遊んだ。竹とんぼに挑戦し、「うわぁ〜飛んだ」と喜んでいた。水鉄砲も的をめがけてとばして友達と競争。初めての竹馬になかなか乗れず四苦八苦している子もいれば、すいすいと乗れる子もいた。「タケノコを食べたことはあるけど、竹からいろいろな工作をしたことは、はじめて」とつくる喜びを味わっていた。

 親子のふれあいが希薄になった今日、このような取り組みはとても良い企画。親子にとって、とてもいい夏休みの思い出になったことだろう。

(藤川 和子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.